• いつもの魚料理をおしゃれにアレンジ「イワシのイタリアンかば焼き」

    イワシは産地や種類もさまざまで、手軽に手に入り通年で味わえる魚のひとつです。小骨を食べやすくしたり、臭みを取ったりするために、生姜をたっぷり入れたつみれや、梅煮にして食べるのがオーソドックスですが、おしゃれな洋風にアレンジすることも可能です。そこで、 「イワシのイタリアンかば焼き」のレシピを紹介します。(1人分 561kcal)

    材料(2人分)

    イワシ……4匹
    塩、コショウ……各少々
    小麦粉……適量
    玉ネギ……1/2個
    ナス……2本
    トマト……1個
    オリーブ油……適量
    A・麺つゆ(5倍濃縮)……大さじ1と1/2
    A・みりん……大さじ1

    本レシピでは5倍濃縮の麺つゆを使っています。濃縮度が異なる場合や商品によっても風味に違いがあるので、味を見ながら加える量を調整してください。

    【5倍以外の場合の目安】
    2倍濃縮:2~2.5倍 3倍濃縮:1.2~1.5倍 4倍濃縮:1~1.2倍

    作り方

    (1)イワシはうろこと頭、内臓を取って手開きにし、中骨と小骨を取る。塩、コショウを振って小麦粉を付ける。
    (2)玉ネギは薄切りに、ナスはへたを取って幅1cmくらいの輪切りにする。トマトはへたを取って1cm大の角切りにする。
    (3)フライパンにオリーブ油を熱して玉ネギを入れ、中火で軽く炒めて取り出す。オリーブ油を多めに足してナスを入れ、中火で両面をこんがり焼いて取り出す。
    (4)のフライパンにを皮面から入れ、中火で両面をこんがり焼いて取り出す。
    (5)フライパンの余分な脂をキッチンペーパーで拭き取ってAを入れ、を戻し入れてひと混ぜする。
    (6)をのせてトマトを散らし、ひと煮立ちしたらふたをして1、2分煮る。
    ◎あればみじん切りにしたパセリを散らす


    道新ポケットブック2018年9月号【手間をかけずにしっかりおいしい 麵つゆレシピ】より
    監修・料理制作/坂下 美樹(料理研究家) 撮影/グレイトーンフォトグラフス(有) スタイリング/信太 悦子

    最新の記事

    【ごはん・おかず】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。