函館市で介護の仕事、始めませんか? 「介護人材地域定着奨励金制度」が4月1日からスタート!

PR / 函館市役所保健福祉部地域福祉課

介護職人材へのニーズが、ますます高まっています。函館市では、この春から新たに介護職として働こうとする人に、うれしい奨励金制度を新設しました。子育てもひと段落し、新しい分野で働いてみようと考えている人や、資格は持っているけど生かしていないという人など、これから介護の分野で活躍したい人を応援する制度です。この機会に、検討してみませんか。

函館市で初めて介護職員として働く人たちに、うれしい制度が誕生

介護人材地域定着奨励金制度

函館市は2024年4月1日から、「介護人材地域定着奨励金制度」を新設します。市内の介護保険事業所で初めて正職員かつ常勤の介護職員として働く人で、1年以上同じ法人で継続して就労を見込める場合に限り、介護福祉士の資格保持者に20万円、資格を持っていない人には10万円が支給されます。

介護人材地域定着奨励金制度詳細

つまり、経験がなくても介護職員として新たにキャリアをスタートさせる人を応援しようという制度です。さらに、この制度を使って介護職員として就労し、同じ法人で1年以上継続して働くと、「継続就労奨励金」として10万円を支給。この奨励金は最大3回まで受けることができます。

挑戦してもいいかも。正職員、常勤という働き方

イメージ写真

函館市が新設する介護人材地域定着奨励金制度の対象となるのは、市内の介護保険事業所で初めて正職員かつ常勤の介護職員として就労する人。

正職員とは、1年以上または期間を定めない雇用契約を交わした人のことで、常勤とは週の労働時間が30時間以上を見込む人。また介護職員とは、主な業務が施設の利用者へ直接介護を行うスタッフとして働く人のことです。これらの条件をクリアし、初めて函館市内の介護保険事業所で職を得ると、奨励金が支給されます。

子育て層にとって、正職員や常勤という働き方はハードルが高いと思われがちですが、介護の現場では多くの女性が子育てと両立しながら活躍しています。この機会に、介護でキャリア形成を目指してみませんか。


● 問い合わせ先:
函館市役所保健福祉部地域福祉課
☎ 0138・21・3289

Staff Credit
文・構成/菅谷環

この記事に関連するタグ

Ranking

  • すべて
  • 学び・仕事
2024
3/4
MON

Area

北海道外

その他