• バターの風味を残して焼く「カスベのムニエル」

    バターの風味が食欲をそそる「カスベのムニエル」のレシピをご紹介。カスベは煮付けや煮こごりでよく食べますが、たまには洋風の味付けで変化をつけてみませんか?(1人分 399kcal)

    材料(2人分)

    カスベ(切り身)……2切れ
    白ワイン……カップ1/2
    A・白ワイン……大さじ2
    A・水……カップ1/2
    A・スープのもと(か粒)……小さじ1/2
    B・マスタード……大さじ1
    B・粒マスタード……大さじ1
    B・バター……20g
    B・塩……少々
    カリフラワー……30g
    ズッキーニ……4cm
    ミニトマト……8個
    塩、コショウ……各少々
    小麦粉……適量
    サラダ油……適量
    バター……20g

    作り方

    1.カスベは熱湯をかけて水気を切る。バットに入れてワインをかけ、10分ほどおく。
    2.鍋にAを入れて中火にかけ、半量くらいになるまで煮詰める。Bを加えてよく混ぜ、火を止める。
    3.カリフラワーは小房に分けてゆでる。
    4.ズッキーニは2cm角に切る。トマトはへたを取る。
    5.①の水気をキッチンペーパーで拭き取り、塩、コショウを振って小麦粉を付ける。
    6.フライパンにサラダ油を熱して④を入れ、中火で炒める。火を止めて取り出す。
    7.フライパンをキッチンペーパーで拭いてサラダ油を足し、⑤を入れて中火で焼き色が付くまで焼く。
    8.裏返してバターを加え、中火で焼き汁をかけながら焼いて火を止める。
    9.器に盛って②をかけ、③⑥を盛り付ける。

    魚のミニ知識|カスベ

    北海道では「メガネカスベ」をカスベやマカスベと呼びます。ひれの部分が食用になり、皮をむいた切り身になって売られているのが一般的。軟骨がコリコリとして食感が良く、煮物にすると汁が煮こごりになりやすい。関東以西のエイ(アカエイ)とは異なります。


    道新ポケットブック2016年12月号【わが家の魚料理】より
    料理制作/東海林 明子(料理研究家) 撮影/(有)スタジオ・アイ スタイリング/信太 悦子

    最新の記事

    【ごはん・おかず】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。