• #18|チーズ入りかんたんコロッケ

    しあわせごはん

    「子どもの喜ぶ顔がみたい」「苦手な野菜も食べられるように」そんな願いを込めて愛情いっぱいに作られるキャラフードはお弁当だけでなくパーティーシーンなどでも大活躍。ふつうの毎日をハッピーにしてくれる、そんな“おいしい魔法”を キャラベニスト・くぼたかおりさんがお届けします。

    材料

    ジャガイモ……2個
    A・コンビーフ……1缶(約100g)
    A・キャベツ(みじん切りにし、サッとゆでてしっかりと水気をきっておく)……2枚程度
    A・マヨネーズ……大さじ2
    A・塩コショウ、黒粒胡椒……適量
    プロセスチーズ……適量
    小麦粉、水……適量
    卵…1個
    パン粉(細かめのもの)……適量

    作り方

    1.皮をむいてゆでたジャガイモをマッシャーでつぶす。そこにAをを加えて混ぜ合わせる。
    2.①を少量手に取り、プロセスチーズを入れて包みながら丸める。お弁当用にする場合はサイズをそろえると見た目もきれいに!
    3.小麦粉と卵、水を混ぜ合わせて衣を作る。水は2回に分けて少しずつ入れる。
    4.②に衣とパン粉を付ける。右手で衣、左手でパン粉と、役割を分けると手が汚れにくい。
    5.170度の油で揚げる。メインの具材は一度火を通しているので、衣がきつね色になるまで揚げればOK。
    6.お皿に水菜とコロッケを盛る。レモンを添え、パセリを散らしたら完成。

    KAORI’S POINT
    衣にとろみがあると、揚げたときに油っこくなってしまうので、ゆるめにするのがポイントです♪


    監修 くぼたかおり
    北海道初「お弁当学マスター認定講師」(一般社団法人日本キャラベニスト協会)

    お弁当やスイーツなどのキャラフードを投稿しているインスタグラムはフォロワー数5万人を超える。ファッション・音楽・アニメ・フードなどの“日本のポップカルチャー”を世界に向けて発信するプロジェクト「もしもしにっぽん」で、2017年よりレシピの連載開始。今注目のキャラベニストとしてファンが急増中。
    ★Instagram:@kaopan27


    北海道新聞がお届けするウェブサイト「北海道新聞 旭川支社+ななかまど」では、「キャラベニストくぼたかおりのしあわせごはん」をはじめ、旭川市近郊の最新ニュース・グルメ・イベントなどタウン情報が満載です。ぜひチェックしてみてください。
    https://asahikawa.hokkaido-np.co.jp/

    最新の記事

    【ごはん・おかず】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。