腸活、時短、おいしい! いいこと尽くしの麹調味料で家族みんな健康に

ここ数年、世の中はちょっとした発酵食品ブーム。健康や美容のため、納豆やヨーグルト、味噌汁などを積極的に取るようにしている人も多いはず。でも、同じものを食べ続けるのは飽きてしまうし、子どもやほかの家族も食傷気味…なんてお悩みを抱えていませんか?

もっと手軽に発酵食品を取り入れたいなら、「麹(こうじ)調味料」がおすすめ。mamatalkのレシピ連載「子どもも喜ぶ野菜麹ごはん」でおなじみの発酵食品ソムリエ・宮澤穂乃香さんに、自身の体験談を交えながら、麹の魅力や麹調味料について教えてもらいました。また、mamatalk主催で開催した「麹調味料ミニ講座」の様子も合わせて紹介します。

息子のために「食」を見直し、「だるい」「疲れる」を卒業!

うらやましいくらいお肌がきれいな宮澤さん

うらやましいくらいお肌がきれいな宮澤さん

宮澤さんは笑顔がチャーミングな女性。バラ色のお肌もツヤツヤしています。これも麹調味料のおかげ? と思わず、じっと見つめてしまうほどです。健康そのものという印象ですが、学生時代は常に倦怠感がつきまとい、頭痛や月経前症候群(PMS)もひどく、鎮痛剤が手放せなかったそう。

「朝はスッキリ起きられないし、ずっと疲れている感じでした」。看護師として働きはじめてからも、夜勤などによる不規則な勤務の影響で体調不良は悪化するばかり…。そんな状況から脱したいと考えた宮澤さんは、ヨガ教室で見つけた酵素の商品に興味を持ち、食品の加熱を抑えることで酵素などを効果的に摂取する食事法「ローフード」について本格的に学びはじめます。

その後、転職してホットヨガインストラクターになり、結婚、出産を経て、職場復帰も果たしますが、しばらくして離婚。インストラクターを辞め、当時1歳の息子を抱えながら、夜勤もあるハードな看護師の仕事に戻ります。

「ところが、きちんと食べることが大事だと分かっているのに、多忙でごはんもまともに作れない状況になってしまいました。食生活が乱れるとさらに体の調子も悪くなるし、このままだと息子のためにも良くないと思いました」と意を決し、仕事を辞め、健康の基本である「食」を学び直すことにします。

宮澤さんが「食」を学ぶきっかけとなった大事な息子さん(宮澤さん提供)

宮澤さんが「食」を学ぶきっかけとなった大事な息子さん(宮澤さん提供)

広く「食」について学ぶ中、出合ったのが「麹」。「麹をはじめ、発酵食品には腸を整える効果があります。腸が整うと、免疫力もアップするし、抗酸化作用や抗アレルギー作用も期待できます。麹について学び、麹調味料を日々の食生活に取り入れるようになってから、自分の体調はもちろん、息子にも変化が表れはじめました」。

体が弱く、風邪をひきやすかった息子さんも、日々の食事に麹調味料を用いるようになってから、保育園も休まず通えるほど元気いっぱいに。「腸は第二の脳と呼ばれていますが、腸内フローラを整えると精神的にも安定するようで、息子も私も気持ちに余裕を持って暮らせるようになりました」と話します。

2023年10月にオンラインサロン「IROMUSUBI」をスタート

2023年10月にオンラインサロン「IROMUSUBI(いろむすび)」をスタート

こうした自身の経験を生かし、同じように困っているママたちに麹の魅力や麹調味料のことを伝えたいと、インスタグラム「honomusubi(ほのむすび)」での情報発信をスタートさせます。昨年からはオンラインサロンも立ち上げ、一人でも多くの人に麹のことを伝えたいと精力的に活動中。mamatalkで連載中の「子どもも喜ぶ野菜麹ごはん」のレシピも評判です。

また、宮澤さんが作った生麹や麹調味料を購入したいという人たちが増え、ママ向けイベントなどで販売をはじめたところ、すぐに完売するほど人気に。

ズボラでもOK!?  手軽に取り入れられる麹調味料

麹調味料を使った宮澤家の食事

麹調味料を使った宮澤家の食事(宮澤さん提供)

「私、実はズボラなんです」と笑う宮澤さん。料理や家事も不得意という意外な一面も。「麹や発酵食品はハードルが高いというイメージをまだ持たれがちですが、私でも取り入れられるくらい本当はとっても手軽で簡単」と話します。さらに大切な愛息との時間も大切にしたいという思いもあり、「料理は時短で、おいしくて、そして健康につながるものがベスト。麹調味料はそれを叶えてくれるもの」と続けます。

麹とは、米などの穀物に麹菌を繁殖させたもの。菌の働きによって発酵が進み、食材のうまみがアップします。古くから日本には、「ニホンコウジカビ」と呼ばれる「国菌」があり、私たちはその麹を用いた味噌、しょうゆ、みりん、酢などを日常的に使っています。

「日本人は昔から和食を通じて、麹を使ったものに慣れ親しんでいるんです。だから、本当はハードルが高いわけでもないし、むしろスーパーフードやサプリを無理に摂取するよりも、手軽においしく腸活ができるんです」

パスタも麹調味料でおいしく!(

パスタも麹調味料でおいしく!(宮澤さん提供)

とはいえ、毎日和食だと家族が飽きてしまいそうですが、「塩麹やしょうゆ麹などは、普段使っている調味料と置き換えができるので洋食でも中華でも使えます」とニッコリ。さらに、最近はスーパーでもさまざまな麹調味料が販売されているので、「自分で作るのは難しいという方は購入したものからのスタートでもOKです」とのこと。これなら肩ひじを張らずに始められそうです!

読者向けのミニ講座で麹調味料の使い方などを伝授

講座には健康や発酵食品に興味のある読者が参加

講座には健康や発酵食品に興味のある読者が参加

3月7日にmamatalk主催で開催した「発酵食品ソムリエの麹調味料ミニ講座」には、12人の読者が参加。1時間半にわたって、宮澤さんが発酵食品のメリットや麹のこと、麹調味料の使い方などを紹介してくれました。

麹調味料の試食。これに玄米甘酒もプラスして6種類を食べ比べ

麹調味料の試食。これに玄米甘酒もプラスして6種類を食べ比べ

今回は、宮澤さんが手作りしている麹調味料のうち、玄米甘酒、塩麹、きのこしょうゆ麹、玉ねぎ麹、トマト麹、コチュジャン麹の試食も行いました。参加した皆さんは「おいしい!」「思ったよりうまみがある」と大好評。「麹調味料は生きているので、市販のもの、自宅で作るもので味も違えば、今日と来週でも風味が違ってきます。その家庭や一人ひとりに合った調味料に変化していくので、本当におすすめです」。さらに、自分で麹調味料を作ってみたいという人向けに生麹と乾燥麹の違いも紹介してくれました。

優しい甘みの玄米甘酒をパクリ。赤ちゃんにあげてももちろんOK!

優しい甘みの玄米甘酒をパクリ。赤ちゃんにあげてももちろんOK!

子どもたちが麹調味料をパクパク食べていたのも印象的でした

子どもたちが麹調味料をパクパク食べていたのも印象的でした

後半には、子育て家庭で麹調味料を取り入れるメリットについて紹介。家族みんなの腸内環境が整う、麹調味料を使えばシンプルな料理でも十分おいしい、料理が苦手でも取り入れやすい、漬け込むだけでOKなものが多く時短になる、高いサプリや健康食品を買わずとも麹調味料だけでいいので長く続けられる、などの話に皆さんうなずきながら耳を傾けていました。

参加者からの質問にも分かりやすく応えてくれる宮澤さん

参加者からの質問にも分かりやすく応えてくれる宮澤さん

炒めたり、和えたり、煮ものにも使えるという麹調味料の使い方のコツもレクチャー。最初は日常の調味料の置き換えがおすすめということで、「塩は塩麹に、しょうゆはしょうゆ麹、コンソメは玉ねぎ麹に」と宮澤さん。好みによりますが、それぞれ2倍くらいの量で置き換えればちょうど良いそう。

また、肉や魚の下味に使う際は、漬け込むものに対して10%の麹調味料を塗って一晩置くとおいしくなるとのこと。「ご飯を炊く時、2合のお米に対して大さじ1の塩麹を入れると、ごはんがふっくらして甘みも増します」と、すぐに始められるアイデアも教えてくれました。

参加者からの質問にも分かりやすく応えてくれる宮澤さん

参加者からの質問にも分かりやすく応えてくれる宮澤さん

最後は宮澤さんが作った生麹のプレゼントもあり、「今日から麹生活をスタートできそう」と皆さん、笑顔で会場を後にしました。

お土産で配られた宮澤さん手作りの生麹

お土産で配られた宮澤さん手作りの生麹

参加した皆さんの感想を紹介します。

「塩麹以外使ったことがなかったので、いろいろな麹調味料があると知って驚きました。試食もできたので、これからぜひ使ってみたいと思います。3歳と1歳の子どもが野菜をとにかく食べないので、きのこしょうゆ麹やトマト麹を活用して食べてもらえるようにしたいです」(札幌市中央区/Mさん)

「周りの麹ブームを見てハードルが高そうと思っていましたが、宮澤さんのお話を聞いて、気楽に始められそうだなと思いました。ぜひ手作りの麹調味料にも挑戦してみたいと思います」(札幌市北区/Sさん)

「最近、自分で塩麹やしょうゆ麹を作り始めたのですが、使い方のコツが分かって良かったです。ご飯に塩麹は早速やってみようと思います。甘酒も自分で作ったらこんなにおいしいんだと分かったので、子どもたちのおやつに取り入れたいです」(札幌市手稲区/Hさん)

帰宅後すぐに、塩麹やしょうゆ麹を親子で作ったという報告も♡(参加者提供)

気軽に始められるのが魅力の麹調味料。これを読んでピンときたら、まずはすぐに行動してみませんか。手作りが難しい方は、宮澤さんが言うように市販のものでもOK。毎日の食事を通じて、ママも家族もみんな元気になっちゃいましょう!

連載「子どもも喜ぶ野菜麹ごはん」で麹調味料を使ったレシピをチェック!

今すぐタップ/クリックして、レシピをチェック!

宮澤さんが、子どもがパクパクと食べ進めてくれる、麹調味料を使ったレシピを紹介する連載。塩麹、しょうゆ麹、玉ねぎ麹などの基本のレシピからアレンジレシピまで、材料も工程も少ない、簡単時短レシピは必見です!

宮澤穂乃香さん

発酵食品ソムリエ

親子向け食育イベントの開催や、麹などの発酵調味料を使った簡単時短レシピをInstagramで発信している。2022年4月に発酵食品ソムリエの資格を取得。札幌市在住で1児の母。


Staff Credit
取材・文/徳積ナマコ 撮影/國枝琢磨

2024
5/29
WED

Area

北海道外

その他