• 函館公園こどものくにの「カエル釣り」 タイミングに大人も苦戦

    大人も夢中になるこどものくにの「カエル釣り」

    「ほらそこ、右の黄色!」「横の緑だって!」

    函館公園の遊園地「こどものくに」(函館市青柳町)で、人気を集めている遊具が「カエル釣り」だ。夢中になっているのは、むしろ大人。一匹でも多く釣ろうと、子どもへの指示がつい大声になってしまう。

    ルールは単純。直径約2メートルの円の中で、口をパクパクさせる黄色や赤色などのおもちゃのカエルを、重りが付いた釣りざおで引っかける。2分以内に親子2人なら15匹、子ども1人なら7匹釣るとクリアで、「つり名人カード」がもらえる。別の遊具でもう一枚カードを集めれば1回くじ引きができる。

    [広告]

    一見簡単そうだが、口の開きとのタイミングが合わない。カエル80匹のうち、1匹で2匹扱いとなるラッキーな銀色のカエルが2匹。狙いを定めるも、円がゆっくりと回転するので、これまた難しい。親子で40匹以上釣る強者もおり、「しゃべらずに無心でたくさん釣っていくお父さんも多いです」と同園マネジャーの加藤大地さん(23)。息子の横で口うるさい私は、まだまだ初心者だ。

    カエル釣りを含め、どの遊具も利用料は1回300円。営業時間は、5日まで午前10時~午後5時。6日からは平日午前11時~午後4時、土日祝は午前10時~午後5時。問い合わせは(電)0138-22-5039へ。(芝垣なの香)

    (2022年4月4日 北海道新聞夕刊掲載記事)

    最新の記事

    【From 北海道新聞】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。