自然体験、子育て世帯に好評 浦河「親子ワーケーション」1年 14組利用「伸び伸び過ごせる」

浦河フレンド森のようちえんで昼食を食べるアリスタちゃん(右端)と妹のアリッサちゃん(右から2人目)=2月28日

浦河フレンド森のようちえんで昼食を食べるアリスタちゃん(右端)と妹のアリッサちゃん(右から2人目)=2月28日

【浦河】都市部に住む人が仕事と休暇を兼ねて町内に滞在する際に認定こども園などに子どもを預ける、町の移住体験事業「親子ワーケーション」の開始から1年がたった。2023年度は14組の親子51人が利用した。町内で子どもを受け入れるのは、認定こども園「浦河フレンド森のようちえん」(東町かしわ4)。自然体験を重視する同園の教育が好評で、町は「良いスタート。今後も子育て世帯に浦河の魅力を肌で感じてもらい、移住につなげたい」と話している。

親子ワーケーション事業は…

mamatalkメンバーのIDとパスワードが
そのままご利用いただけます。
mamatalkメンバーについて詳しくはこちら

この記事に関連するタグ

Ranking

  • すべて
  • ニュース
2024
4/19
FRI

Area

北海道外

その他