• 英語の勉強、いつ始める?

    (写真はイメージ=PIXTA)

    2020年度から、小学5、6年に英語が正式な教科として導入されます。「英語教室に通わせたほうが良いかしら」などと悩む保護者は多いようです。「自分も早くから勉強しておけば良かった」と思っている中高生もいるかもしれません。留学カウンセラー、通訳、英語教育専門家の3人に、英語の勉強はいつから始めるのが良いのかを聞くと、始めるのに遅すぎということはないようで―。

    日本語と区別付いてから|道教大札幌校准教授・志村昭暢さん

    道教大札幌校准教授・志村昭暢さん
    しむら・あきのぶ 紋別市出身。北海学園大学卒業後、旭川実業高に英語教員として勤務。2014年から北海道教育大学札幌校特任准教授、17年から現職。専門は英語教育学。

    就学前に英語教室に通ったり、教材などで勉強したりすることは、ピアノや水泳などの習い事の一環として考えるのが良いと思います。プロの英語の使い手を目指す子もいるとは思いますが、英語教室で習ったことは小学校の英語の授業では少し役立つ程度にとどまるのではないでしょうか。

    早い時期の英語学習には過度な期待をしないことです。「英語が好きになること」を目的にすると、将来の英語学習が成功する可能性が高くなります。一度英語嫌いになると、克服するのはなかなか難しいです。

    英語は、日本語がある程度使えるようになってから始めるのが良いと思います。日本語で言えないことは、英語でも言えません。日本語と英語の区別が付く6~7歳くらいから始めるのが良いかもしれません。

    英語を始める時期の早い、遅いはその後の成果とはあまり関係ありません。早くから始めると効果があるという研究結果があるのは発音だけです。子どもは耳が良く、恥ずかしがらないので、聞いた音をそのまま言えるからです。発音が良いことと、会話ができることは違います。「早くから学習すれば話せる」という明確な研究結果はありません。

    これまでの日本の英語教育は、英文を訳する訳読が中心でした。辞書を引いて、日本語訳を書く。これでは話せるようにはなりません。私たちは生まれてから数年間、日本語を毎日聞き、話せるようになってから、文字を覚えます。英語は中学校に入ったら突然、英文を読むことから始まりました。この従来の授業スタイルは今、会話中心に変わろうとしています。

    中学2年までの英文法が理解できれば、日常会話はできます。一夜漬けではできませんが、こつこつやれば、十分ものにできると思います。

    いずれにしろ、「英語が楽しい」という気持ちが大切です。英語学習は、英会話スクールに通わせたり、高い教材を購入したりすることだけではありません。英語の絵本を読み、動画サイトで子供向けの英会話教材を見たりして、保護者も一緒に楽しく学ぶのがお勧めです。

    幼少期に多様な音知ろう|フリーランス通訳・阿部侑太さん

    フリーランス通訳・阿部侑太さん
    あべ・ゆうた 十勝管内芽室町出身。帯広三条高、米国サン・ノアキン・デルタカレッジ卒業。2017年から帯広市を拠点にフリーランス通訳として活動している。

    いつから始めるかに、正解はないと思います。学習で大切なことは、何のためにやるかという「目的」だからです。

    私は小学4年から週1回、英会話の塾に通っていました。楽しかったのですが、秀でて英語ができる生徒ではありませんでした。

    中学2年の時、住んでいた十勝管内芽室町の交換留学プログラムに参加し、米国カリフォルニア州の姉妹都市に10日間滞在しました。現地の中学生たちはジーンズで学校に通っていました。「自由で、格好いい!ここに住みたい」と憧れました。これが英語を学ぶ目的になりました。

    それからは洋楽や洋画にどっぷりつかり、英語の授業も真剣に受けました。高校2年の時、再びカリフォルニア州の姉妹都市に行き、「ここの大学に行こう」と決意しました。留学あっせん業者に相談し、カリフォルニア州内のカレッジに入学しました。

    米国では授業について行くのに必死でしたが、充実していました。5年後に帰国し、会社勤めを経て2017年に通訳として独立開業しました。前職の農機具輸入会社での経験を生かし、農家の海外視察の通訳や、農機具の取扱説明書の翻訳などを行っています。

    英語の勉強を早く始めなければと焦ることはありません。英語は言葉なので、目的とやる気さえあれば誰でも話せるのです。

    ただ、日本語と英語には大きな違いがあります。

    日本語にはひらがな、カタカナ、漢字があり、人に物事を伝える時に文字がとても大切です。ところが英語はアルファベットの26文字しかありません。26文字を組み合わせた音が大切なのです。音で人に伝えることを重視します。聴衆を前にしたプレゼンテーション(発表)というスタイルが盛んです。

    ですから、英語の習得には幼い頃から音に敏感になって、多様な音を知っておくことが大切です。英語を聞き取ることができる耳を持つには、幼少期にピアノなどの音楽に親しむことがお勧めです。

    小中学生対象のプチ留学やサマーキャンプなどのさまざまな英語体験をさせてあげて、子どもが「もっとやりたい」「留学したい」と言った時に背中を押してあげてほしいと思います。

    大切なのは何をしたいか|栄陽子留学研究所所長・栄陽子さん

    栄陽子留学研究所所長・栄陽子さん
    さかえ・ようこ 留学カウンセラー。1970年、帝塚山大学卒業。71年、米国セントラル・ミシガン大学大学院修了。72年に栄陽子留学研究所を設立し、米国留学を検討したり迷っている人たちの相談を受けている。

    英語は、早くから始めれば良いというものではありません。これまでに7千人以上の留学生を見てきました。英語が上手だなと思ったのは、日本の大学を出てから留学した人です。早くから英語教育を受けた人ではありません。

    英語は世界の共通言語になりつつありますが、ビジネスで英語を使っている人たちの多くは母国語を別に持っています。母国語を持った上で、英語を使っています。私の研究所が入居する東京・赤坂のビルにはレバノンなど複数の国の大使館が入っています。それら大使館の職員が仕事で使う英語の発音や文法は完璧ではありませんが、仕事はちゃんとできています。大切なのは、英語で何をしたいかです。

    例えばピアノでプロになる人は、幼児期から毎日何時間も練習します。英語も、完璧に話せるようになるためには、毎日数時間の練習を欠かさず続けなければいけません。それを実行する覚悟があるならば可能ですが、実際はなかなか難しいでしょう。

    中学レベルの英語が身に付いていれば、海外で英語の日常会話はできます。最近は「早く早く」と言い過ぎです。保護者の方は「自分は苦労したから、子どもには早くやってほしい」と思うのかもしれませんが、親が言って勉強させることができるのは、せいぜい中学生までです。

    日本語は難しい言語です。表現が多様で、敬語も複雑です。日本語がいかに難しいかを当の日本人は分かっていません。日本語ができるのですから、本人が好きだったり、学校や仕事で必要となれば、英語は必ずできるようになります。焦る必要はありません。

    今は英語の動画や映画がたくさんあります。親子で一緒に見たり、旅行に行ったりするなど、楽しみながら英語に触れる機会はたくさんあります。子どもに「単語はいくつ覚えたの?」「これは英語で何て言うの?」などと聞いて英語を嫌いにさせないことです。

    英語のテストのできや学歴に振り回されず、自分の頭で物事を考え行動する人間を育てることが、一番大切なことだと思います。

    聞き手/北海道新聞記者 鹿内朗代

    (2019年12月3日付 北海道新聞朝刊掲載記事)

    最新の記事

    【From 北海道新聞】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。