• 2019/10/04

    ⑦天気予報とお買い物 知識得る機会 日常に<ゆきりん先生の親子でおうち勉強>

    北海道新聞朝刊「くらし(子育て)面」の連載コラム。筆者は、北海道安平町の家庭教師、本多抽紀江さん。毎月第1金曜日に、おうちでの効率的な学習方法をお届けしています。

     
     「先生、これは何ですか?」。理科の問題集を手にした、中2の生徒から質問されました。見ると、天気図が載っています。どこが不思議なんだろうと思っていたら「どうして日本地図の上に、等高線が書いてあるんですか?」。ああ、と思わずため息がもれました。

     社会科の地理では、日本地図と一部の地域に等高線が描かれた地形図をそれぞれ習います。でもこれは、日本地図の上に線がある…と思ったのでしょう。そう、この子は初めて「等圧線」というものを見たのです。

     私が幼いころは、1日に何度もテレビの天気予報を見ていました。意識しなくても暮らしに溶け込んでいた情報です。しかしスマホが普及し、明日の天気はテレビの予報を待つことなく分かるようになりました。

     しかも、多くの人が知りたいのは自分の住む場所の天候と気温だけ。全国の天気図が目に入る機会はありません。そこで私は、長女(6)と長男(4)に毎日天気予報を見せています。

     買い物中も、2人の視野を広げます。この時期、スーパーにはおいしそうな果物がいっぱい。「どれが食べたい?」と相談する時は、値段のほかに産地も確認しながら選びます。

     和歌山と愛媛がミカン、山形はラ・フランス、千葉県は和梨…。2018年度の公立高入試では、青森の特産がリンゴだと知っていれば答えられる問題が社会科で出ました。学力テストにも、特産品はよく出題されます。受験勉強は就学前からできるんですよ。

    イラスト/rocketdesign(watanabe nobuko)

     PROFILE

    本多 抽紀江(ほんだ・ゆきえ)
    家庭教師歴約30年。教材や助言をネット配信する事業「ぱんだちゃんのおうち学校」校長も務める。胆振管内安平町在住、44歳。

    【ぱんだちゃんのおうち学校】 pandanoniwa.co.jp

     BACK NUMBER

    <1> 気分を変えよう 「新しさ」演出 前向きに
    <2> 作文は一生モノ 運動会題材に学ぶ手も
    <3> 数字を見せる お菓子や小銭並べ計算
    <4> 夏休みの生活 家事のお手伝いも大事
    <5> 受験生の胸のうち 適正な志望校選びを
    <6> 料理で数字体感 単位や分数 楽しみ吸収


    \北海道新聞朝刊「くらし(子育て)面」で連載中(毎月第1金曜日)/

    北海道新聞朝刊「くらし(子育て)」面(毎週金曜日に掲載)では、主に乳幼児や小中学生の子を持つ親世代を対象に、育児のちょっとした工夫やサポートに関する情報、行政の支援制度の解説など子育てをめぐる多彩な話題をお届けしています。
    ぜひ紙面もチェックしてみてくださいね!