• 学習環境整えて 春の新入学準備の注意点

    春の新入学に向けて、準備を進める時期。ランドセルに加え、学習机や勉強道具の置き場所など、子どもの学習環境も整えておきたいところです。インテリアデザイナーやベテラン家庭教師は、机の選び方や配置、いすの座り心地などによって「集中しやすさが変わってくる」と指摘します。

    白い天板の机お薦め

    木目調の机には、デスクマットを敷く。白のほか、集中して暗記したい時には黄色もお薦め
    木目調の机には、デスクマットを敷く。白のほか、集中して暗記したい時には黄色もお薦め

    まずは学習机の選び方。棚や引き出しがセットになったシステム型の学習机を子どもが欲しがるケースは多いですが、Mako教育研究所(札幌)を主宰するインテリアデザイナーの渡辺真琴さん(45)は「必ずしも必要ないでしょう」と話します。木のぬくもりに満ちた木製の机も「リラックスして読書や書き物をする時は良いですが、計算問題などを集中して解くには不向き」と指摘します。

    お薦めは、オフィスで使うような無機質の素材。特に白い天板を選ぶと、教科書やノートの文字がくっきりと浮かび上がって見え、認識しやすいといいます。木製の机を買う場合も、色はナチュラルではなく白を選ぶか、天板にデスクマットを敷きます。デスクマットはキャラクターが描かれたものよりも無地の方がよく、合成皮革製の無地のマットはインターネット通販で2千円前後で購入できます。

    いす選び 高さが大切

    いすは足が床につくようにする(足元にあぐらクッションを置いた例)
    いすは足が床につくようにする(足元にあぐらクッションを置いた例)

    いす選びは「机以上に大事です」と渡辺さん。足の裏が床につき、足を踏ん張れる環境で学習することは、集中するには絶対に必要と言います。

    いすが高い時は、段ボールや市販の踏み台、新聞を積んだものなど「何でも良いので置いて、足が床につくようにしてあげて下さい」。いすの座面と机の高さの差は、子どもの体格により20~30センチ程度。学習中の子どもの姿勢が崩れている場合は、机やいすの高さが合っていない可能性があるので、調整します。

    特性に応じて 配置は柔軟に

    学習机の配置例

    机はどう配置すると良いでしょうか。渡辺さんは、子どもの特性に応じて「壁向き」「外向き」の2通りから考えるよう提案します=図=。「壁に向かった方が集中できる人と、窓の外や部屋全体が見渡せる場所など、外に向かった方が集中しやすい人がいる」と渡辺さん。子どもに両方を体験させてみて、学習に取り組みやすい方を選ぶと良さそうです。

    勉強部屋とベッドを置く部屋は、できれば分けるのが理想的といいます。「ベッドが目に入る状態で、学習に集中できる人はまずいません」と渡辺さん。広い子ども部屋に学習机とベッドを置く場合は、ベッドが目に入らない向きに机を置くか、パーテーションで仕切るよう勧めます。

    中学生になると、天板の広い机が必要になります。教科書とノートに加え、副教材やワーク、プリント類を広げる場合があり、システム型の学習机は上の棚を外すなどして奥行きを確保すると良いといいます。

    Next 勉強場所の主流はリビング

    最新の記事

    【育児・子育て】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。