未就学児の発達の悩み 専門職員が支援 千歳市、5月から相談や検査対応

【千歳】市は5月から、発達の状況に気がかりがある就学前の子どもとその保護者を対象とした支援活動「遊びの広場『いろいろ』」を始める。本年度の新規事業で、市児童発達支援センター(市総合福祉センター内)の専門職員が、保護者の悩みなどを聞き、必要に応じて発達検査や通所事業などの支援を行う。

毎月第2金曜日の午前10時から11時半まで、同センターや市内の各児童館などで会合を開催する。定員は各回5組程度。

臨床心理士や作業療法士らが「友だちと仲良く遊べない」「発達がゆっくりな気がする」など、自身の子どもについて心配を抱える保護者の相談に乗る。相談中は、子どもと同センター職員が、運動やお絵かき、おもちゃ遊びなどを行い、その様子を観察する。

初回は5月10日に同センターで開かれる。事前予約が必要で、同3日締め切り。市の予約専用HPを利用するか、同センター、電話0123・24・0348に申し込む。

この記事に関連するタグ

2024
5/29
WED

Area

北海道外

その他