南幌・はれっぱ利用好調 「遊具が豊富」家族連れに人気 5月3日開業、1週間で7900人

利用が好調な室内遊戯施設「はれっぱ」のジャングルジム

【南幌】町が3日オープンした子ども向けの室内遊戯施設「はれっぱ」(美園3)の滑り出しが順調だ。大型連休を含む10日までの1週間余りで延べ約7900人が利用した。札幌など町外者の利用が多く、連日、大勢の親子連れらでにぎわっている。

町が整備した同施設は平屋で約1千平方メートル。遊戯エリアには、滑り台、ジャングルジム、積み木などを備える。

同施設によると、3日から7日までの連休期間中の有料遊戯エリアの利用者数は1日当たり約1300人。施設側が想定した1.5倍となり、混雑緩和のために、滞在時間を2時間以内とするよう協力を呼び掛けたという。連休明けの平日の8~10日も、1日当たり約440人が来場した。

また、母親同士の口コミなどで評判が広がり、利用者の9割以上が町外在住者。岩見沢や栗山のほか、札幌、江別、千歳といった石狩管内からの家族連れが目立つという。

はれっぱの田中めぐみ館長は「大型連休後も町外からの家族連れが多く驚いている。好天が続いたことも追い風になった」と話す。

札幌市白石区から5歳の長女と9日訪れた会社員漆原裕紀さん(40)は「付き添いの親の入場料が無料なのは魅力。遊具が豊富で、次は家族全員で来たい」と喜ぶ。

利用は1歳~中学生が対象で入場料は300円(町民は100円)。同伴の保護者は無料。午前10時~午後6時。第3月曜休館。問い合わせは同施設、電話011・398・9280へ。(山本忠彦)

この記事に関連するタグ

2024
5/29
WED

Area

北海道外

その他