• キャンプデビューにおすすめ!きれいな設備が魅力の「白老キャンプフィールド『ASOBUBA』」をレポート

    いよいよ北海道にも本格的な夏が到来! 青空の下で遊ぶのが気持ちのいい季節になりましたね。今年こそはファミリーキャンプを始めたいとを考えている人も多いと思うので、実際に行ってみて、初心者ファミリーでも安心して利用できると感じたキャンプ場を紹介します。

    mam.lien_chii

    mam.lien_chii(キッズヨガ講師)

    • Website
    • Instagram

    タッチケアやキッズヨガ・親子ヨガなど、ママと子どもの心や体の運動発達に特化したレッスンやイベントを開催。「自分らしく自由で楽しい子育てを」をテーマに活躍の場を広げている。北海道後志管内在住。

    遊び心あるおしゃれなキャンプ場
    白老キャンプフィールド「ASOBUBA」

    今回紹介するのは、白老町森野地区にある「白老キャンプフィールド『ASOBUBA(アソブバ)』」。2020年7月にオープンした注目度上昇中のアウトドアキャンプ施設です。

    我が家が訪れたのは2022年5月上旬。その1カ月ほど前に公式サイトで予約しました。

    キャンプ場のイメージを覆すような、おしゃれで便利な設備が至るところで見られたので、レポートしたいと思います!

    入口の看板

    キャンプ場の入口は、道道86号線にある木製看板が目印!

    受付やショップがあるセンターハウス
    受付やショップがあるセンターハウス

    案内板を目印に場内を進むと、ウッドデッキが目を引くセンターハウスに受付があります。事前予約制なので、チェックインは名前を書いて、利用の手引をスマホで確認するだけ。

    “ウェルカムホットドッグ”はASOBUBAならではのサービス
    “ウェルカムホットドッグ”はASOBUBAならではのサービス

    夏季限定で、チェックイン後に人数分の“ウェルカムホットドッグ”が無料でもらえるのもASOBUBAならでは! テントを張っている間、待たせている子どもたちの小腹を満たすことができるので、ありがたいサービスでした。

    家族のプランに合わせて選べる多彩な8サイト

    「白老キャンプフィールドASOBUBA(アソブバ)」公式サイトより

    テントサイトは全部で8タイプ。芝生の感触を楽しめる「フリーサイト」をはじめ、12m×12m(駐車スペース込)とゆったりサイズの「オートサイト」、ハンモックに揺られながらくつろげる「ハンモックサイト」、電源が使える「ビッグオートサイト」など、多彩なサイトが用意されています。バンガローやコテージはありませんが、家族のプランに合わせて選べるのがいいですよね。

    どれにするか迷ってしまうかもしれませんが、子ども連れの場合は、大型遊具がある広場から一番近くて、親の目が届く範囲で子どもを遊ばせられる「フリーサイトの遊具寄りのエリア」か、「ビッグオートサイト(B1~B5)」がおすすめです!

    遊具がある広場側のフリーサイト
    遊具がある広場側のフリーサイト

    子どもが喜ぶ大型アスレチック遊具

    アスレチック遊具は登ったり下りたりと、頭と体を使って工夫しながら遊べて◎
    アスレチック遊具は登ったり下りたりと、頭と体を使って工夫しながら遊べて◎

    フリーサイト隣の広場には、大型のアスレチック遊具が4種類あり、子どもたちが思いきり体を動かして楽しめます。

    遊具の中でも特に人気が高いターザンロープ
    遊具の中でも特に人気が高いターザンロープ

    大型遊具は主に小学生向けですが、保護者付き添いの下、年少さんくらいのお子さんから遊べると思います。

    斜めの板を跳んで渡って、サスケ渡りにチャレンジ!
    斜めの板を跳んで渡って、サスケ渡りにチャレンジ!

    広場はお昼から夕方にかけて、遊具で遊ぶ子どもたちや親子で賑わっていました。混雑時は、フリーサイトもテントでいっぱいなので、広々とした芝生で自由に子どもを遊ばせたい場合は、遊具エリアから少し離れた「オートサイト」を利用するのもおすすめです。

    キャンプ場とは思えないスタイリッシュで清潔な設備が充実

    トイレ棟に入ってすぐのところにあるきれいな洗い場
    トイレ棟に入ってすぐのところにあるきれいな洗い場

    ASOBUBAは、キャンプ場とは思えないほど施設がきれいで使いやすく、設備も整っていました。アウトドアであっても、女性や子どもと一緒のキャンプで気になるのはやはり清潔感。特にトイレやシャワーブースは重視したいポイントですよね。

    まるでホテルのようなトイレは個室ごとに内装が違うというこだわりぶり
    まるでホテルのようなトイレは個室ごとに内装が違うというこだわりぶり

    靴を脱いでスリッパを履いて入るトイレは全て洋式&温水洗浄便座付き。清掃も行き届いていて、気持ちよく使えます。

    無料で利用できるシャワーブース
    トイレ・シャワー棟にある、24時間無料で利用できるシャワーブース

    男女各4個あるシャワーブースはそれぞれドア付きの個室。広めなので子どもと一緒でもゆったり入れます。脱衣所が広いのも嬉しいポイント。タオル、シャンプーなどは持参してくださいね。

    大きな鏡が印象的な、明るく清潔感あふれる洗面台
    大きな鏡が印象的な、明るく清潔感あふれる洗面台

    大きな鏡を設置し、温水が出る洗面台は、まるでホテルのよう。ドライヤーが備え付けられているほか、コンセントも使えます。

    温水が使える屋外炊事場
    温水が使えるトイレ・シャワー棟に併設された屋外炊事場(他の炊事場は水のみ)

    そして、トイレ・シャワー棟に併設された屋外炊事場では温水が使えるところも嬉しいポイント。

    普段なかなか触れることのないポンプ型の水道
    普段なかなか触れることのないポンプ型の水道

    水汲み場も所々にあり、どのサイトでも使いやすそうでした。

    センターハウスの隣にあるファイヤープレイス
    センターハウスの隣にある、炭捨て場を兼ねている焚き火ブース。花火ができるのはこのエリアだけ

    また、全てのサイトで焚き火が利用できる*ほか、センターハウス横の焚き火ブースでは花火も楽しめます(打ち上げ花火はNG)。
    *焚き火台や焚き火シートの使用が必要です。直火はワイルドキャンプサイトのみ可能。

    ごみも無料で引き取ってもらえて便利でした。分別ルールは守ってくださいね。

    家族で自然の中をのんびりお散歩

    流木のアーチをくぐって、ワイルドキャンプサイトへ
    流木のアーチをくぐって、ワイルドキャンプサイトへ

    場内には上級者向けのワイルドキャンプサイトもありますが、小学生以下の子どもは利用できません。

    白老川の河川敷でゆったりと過ごせるワイルドキャンプサイト

    散歩がてら行ってみると、長い坂道を下った先にはきれいな白老川が流れていました。

    流れが急な箇所もあるので川遊びは控えましょう
    流れが急な箇所もあるので川遊びは控えましょう

    川にたどり着くまでかなり距離があるので、子どもだけでは行かせず、必ず大人が一緒に行くようにしてくださいね。道はデコボコしていて高低差もあるので、スニーカーや長靴を忘れずに。

    キャンプデビューするなら「ASOBUBA」がおすすめ

    夜はほぼ月明かりのみ
    夜はほぼ月明かりのみ。山の中にあるキャンプ場なので、朝は鳥のさえずりがとても心地よかったです

    「白老キャンプフィールドASOBUBA」は、新しいキャンプ場ということもあり、圧倒的に設備が綺麗でした! 新区画の整備など、これからまだまだ進化していきそうな場所もあったので、ますます見逃せません。

    写真映えスポットも多いので、おしゃれなキャンプや設備重視の方、キャンプデビューを考えているファミリーには特におすすめのキャンプ場です。ぜひ候補リストに入れてみてくださいね!

    白老キャンプフィールド「ASOBUBA」
    価 格:☆☆☆
    清潔さ:☆☆☆☆☆
    設 備:☆☆☆☆☆
    自 然:☆☆☆☆
    遊 具:☆☆☆
    写真映え度:☆☆☆☆☆

    ※記事内は筆者個人の感想です。

    施設情報

    以下の情報は最新ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を必ずご確認ください。

    名称
    白老キャンプフィールドASOBUBA(アソブバ) 公式サイト >
    住所
    北海道白老郡白老町森野98番1
    電話番号
    080-1899-5151
    営業期間
    通年(3月のみ芝保全のため休業)
    受付時間
    チェックイン/12:30~18:00(夏季、冬季は17:00)
    チェックアウト/翌11:00まで
    売店の営業時間
    夏季(4月~10月):12:00~18:00
    冬季(11月~3月):12:00~17:00
    料金
    • 入場料/大人(中学生以上)2,000円

    • 入場料/子ども(小学生)1,000円

    • 入場料/未就学児無料

    • 利用料/フリーサイトのみ無料。他のサイトは別途料金がかかります。

    公式サイト
    https://asobuba.com/
    アクセス
    車/札幌駅から約1時間半(高速使用)、白老駅から約20分
    駐車場
    第1駐車場(センターハウス横)/約70台
    第2駐車場(トイレ・シャワー棟前)/約20台
    宿泊タイプ
    フリーサイト、ハンモックサイト、スモールハンモックサイト、オートサイト、ビッグオートサイト、ビッグオートサイト AC電源あり、キャニオンファイブ、ワイルドキャンプサイト
    設備・特徴
    • トイレあり

    • 売店あり

    • ベビーカー入場可

    • 食べ物持込可

    • 自動販売機あり

    予約
    公式サイトから要予約
    地図

    最新の記事

    【自然体験・アウトドア】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。