• 広々とした屋内遊戯スポットが充実! 【宗谷・オホーツクエリア】の屋内遊び場5選

    屋内で遊べるスポットを紹介するこの企画。シリーズ3回目は、宗谷・オホーツクエリアから5カ所をピックアップして紹介します。広々とした屋内遊戯スポットが充実したこのエリア。遊具もバリエーションに富んでいるので、日替わりでいろいろ出かけてみてください。

    ※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設の営業時間、内容の変更や休業になっている場合があります。お出かけ前に最新の公式情報をご確認ください。

    北欧調のかわいいデザインにも注目!
    「北海道立オホーツク公園てんとらんど『ころころひろば』」(網走市)

    ボールプールはオホーツクの海をイメージ
    ボールプールはオホーツクの海をイメージ(株式会社ボーネルンド提供)

    夏はキャンプ場が大人気の「オホーツク公園てんどらんど」のセンターハウス内にある室内施設「ころころひろば」は、北海道の美しい大地をモチーフにした北欧調の空間デザインが特徴。オホーツク海を連想させるボールプールや、登ったりくぐったりロープを使って昇り降りできる、ドイツ製の新型遊具などの体遊びに加えて、木製の小屋や船など冒険心を刺激する大型遊具が満載! おままごとやブロックなど、静かに遊べるおもちゃもあり、子どもの好奇心や感性を刺激する遊び場です。

    小さな子どもにもおすすめの遊具「スーパーノヴァ」
    小さな子どもにもおすすめの遊具「スーパーノヴァ」(株式会社ボーネルンド提供)

    エアトラックやボール的あて、クライミングウォールに複合遊具など、9基の遊具を中心に遊びのアイテムが充実の「ころころひろば」。床はクッション性があるので、転んでも痛くありません。特に小さな子どもにもおすすめの遊具が「スーパーノヴァ」。回したり、乗ったりして自由に遊べる遊具です。同じ空間にしっかり仕切られた幼児専用の遊べるエリアは広々。赤ちゃん連れでも安心して遊べるスポットです。毎日12~13時は清掃・消毒・換気タイム。

    「北海道立オホーツク公園てんとらんど『ころころひろば』」
    所在地:網走市字潮見297-2
    営業時間:10:00~16:00
    定休日:第4月曜日(祝日の場合は翌平日)
    利用料金:無料
    駐車場:あり(無料)
    授乳スペース:あり
    おむつ交換台:あり
    電話番号:0152-45-2277

    公式サイトで見る
    公式サイトで見る

    道の駅を兼ねた交流スペースで1日過ごせる
    「浜頓別町交流館 道の駅『北オホーツク はまとんべつ』」(浜頓別町)

    壁に描かれた大きな木や動物たちが屋内公園のような雰囲気を演出
    壁に描かれた大きな木や動物たちが屋内公園のような雰囲気を演出(浜頓別町交流館提供)

    2019年にオープンした「浜頓別町交流館」は、「道の駅 北オホーツクはまとんべつ」を併設する町民交流・憩いの場。バスターミナルや情報発信拠点のほか、多目的スペースや売店、テラスなど、さまざまな施設があるなか、子連れにおすすめなのが室内遊戯場「遊びの広場・キッズスペース」です。季節を問わず思い切り遊べるスペースには、床にソフトなマットが敷かれ、すべり台や大型ネット遊具、ウォールクライミングなどがあり、体を使って楽しめます。

    液体ミルクや紙おむつが購入できる自動販売機。これがあれば、足りなくなった時やうっかり忘れた時に大助かり!
    液体ミルクや紙おむつが購入できる自動販売機。これがあれば、足りなくなった時やうっかり忘れた時に大助かり!(浜頓別町交流館提供)

    施設内には子育て支援の一環として、24時間利用可能な授乳室やおむつ交換スペースがあるほか、北海道ではじめて子育て応援自動販売機を設置。すぐに使える乳児用液体ミルクや紙おむつが購入できて便利です。また、焼き立てパンを販売する「こんがり堂」もあるので、赤ちゃんから大人まで一緒にお腹が満たせそう。すぐ近くには日帰り入浴ができる「はまとんべつ温泉ウイング」があるので、遊んだ後は温泉であたたまって帰るのもおすすめです。

    浜頓別町交流館 道の駅『北オホーツク はまとんべつ』
    所在地:枝幸郡浜頓別町中央北21番地1
    営業時間:9:00~19:00
    定休日:年末年始
    利用料金:無料
    駐車場:あり(無料)
    授乳スペース:あり
    おむつ交換台:あり
    電話番号:01634-8-7887

    公式サイトで見る
    公式サイトで見る

    [広告]

    アクセス抜群の駅前複合施設内!
    「北見市屋内子ども遊戯場『パラきたKid’s』」(北見市)

    買い物のついでに子どもを遊ばせることができるパラきたKid’s
    買い物のついでに子どもを遊ばせることができる(株式会社まちづくり北見提供)

    JR北見駅とバスターミナルに隣接するアクセス抜群の「コミュニティプラザパラボ」内にある遊び場。0歳から未就学児を対象とするスペースで、いろんな遊びを満喫できます。場内は、0・1歳児対象の赤ちゃん専用エリアと、ゆっくり絵本が読める読書エリア、親子で休憩・飲食ができるエリア、サイバーホイールやトランポリン、ボルダリングといった体を使って元気いっぱいに遊べる複合遊具がそろった遊びのエリアの4つに分かれています。ベビーベッドも設置されているので、赤ちゃんが眠っても大丈夫。

    おむつ替え台もある授乳コーナー
    おむつ替え台もある授乳コーナー(株式会社まちづくり北見提供)

    4つのエリアが仕切りのないワンフロアにあるので、見守りしやすいのもうれしいポイント。靴を脱いで入るスタイルなので、おうち気分で遊べます。「パラきたKid’s」が入っているコミュニティプラザパラボの中には、食事ができるレストランやカフェ、生鮮食品が揃うスーパーやテイクアウトできるお総菜やパンの店などがあり、ついでの買い物や、買い物途中に子どもが飽きてしまった時なども気軽に立ち寄れそう。親子でリフレッシュする場所として利用できます。

    「北見市屋内子ども遊戯場『パラきたKid’s』」
    所在地:北見市大通西2丁目1番地まちきた大通ビル5階
    営業時間:10:00~16:00
    定休日:火曜、年末年始(12/31~1/2)
    利用料金:無料
    駐車場:あり(2時間まで無料、以降30分毎100円)
    授乳スペース:あり
    おむつ交換台:あり
    電話番号:0157-31-3600(代表)

    公式サイトで見る
    公式サイトで見る

    木製大型遊具から木のおもちゃまで、木を感じて遊べる!
    「森の美術館『木夢』」(西興部村)

    いつまでも遊びたくなる大型木製遊具
    いつまでも遊びたくなる大型木製遊具(森の美術館「木夢」提供)

    豊かな森林に恵まれる西興部村にある、木をテーマにした美術館。ここには、大型木製遊具や組み木をはじめ、さまざまな手作りの木のおもちゃなど3,000点を超える作品を展示。作品に触れたり、作品で遊んだりできる美術館です。特別展示室「トイシアター」や、常設展示室「木のおもちゃのお部屋」、「つみ木とパズルのお部屋」、「木の砂場」など7つの部屋があり、木のおもちゃを見て、触れて、感じて、ぬくもりある木に親しみながら遊ぶことができます。

    土・日・水曜に解放される「木の砂場」
    土・日・水曜に解放される「木の砂場」(森の美術館「木夢」提供)

    木育にも取り組んでいて、小さなころから木に親しむことができるよう、幅広い世代に対応する木の遊び場や木育体験プログラムなどを用意。赤ちゃんには「木の砂場」が人気。少し成長すると、1日2回上映の「トイシアター」や「木の遊園地」の複合遊具に興味津々。工作に興味がある年頃なら、木工体験にも挑戦を。そのほか、季節を感じるイベントも随時開催。「見て、触れて、遊んで、作る(創る)」を体感できる施設です。床暖房を完備しているので、冬でも暖かく過ごせるのもうれしいポイント。

    「森の美術館『木夢』」
    所在地:紋別郡西興部村西興部276
    営業時間:10:00~16:00(※新型コロナ感染症の対応のため、今後変更の可能性あり)
    定休日:火曜(祝日の場合は翌水曜)、年末年始
    利用料金:高校生以上500円、小学4年生~中学生300円、3歳~小学3年生100円、2歳以下無料
    駐車場:あり(無料)
    授乳スペース:あり
    おむつ交換台:あり
    電話番号:0158-87-2600

    公式サイトで見る
    公式サイトで見る

    広い屋内活動室で寒さを忘れて楽しめる!
    「北海道立オホーツク流氷公園」(紋別市)

    あおぞら交流館の中にある屋内活動室
    あおぞら交流館の中にある屋内活動室(北海道立オホーツク流氷公園提供)

    オホーツク海に沿って広がる「オホーツク流氷公園」。一年を通してさまざまな楽しみ方ができる公園にある「あおぞら交流館」には、全天候型の屋内活動室と屋内遊戯室があります。天井が高くて広々とした活動室には、木製大型遊具をはじめ、ソフト積み木やふわふわマットなど楽しい遊具が充実。また遊戯室には、いろいろな種類の木で作られた木玉や棒がたくさん入った木製のボールプール“木玉の海”があり、降り口がボールプールの小さな滑り台も付いています。木製の可愛いアザラシもいるので探してみて。
    ※現在、木玉の海は新型コロナ感染症対策で使用を中止しています。

    木のぬくもりあふれる大型複合遊具
    木のぬくもりあふれる大型複合遊具(北海道立オホーツク流氷公園提供)

    屋内活動室を象徴するのが、オホーツク海の流氷をイメージして作られた木製の大型複合遊具。北海道産のカラマツ材を使った遊具は迷路のようになっていて、上ったり下りたり、しゃがみながら歩いたり、よつんばいになって進んだりして楽しめます。テトラポットのような出入り口、ローラー滑り台など、いろいろな遊具が組み合わさっているので、まるで冒険しているようなワクワク気分に。ほかにも、カラフルな平均台や赤ちゃんが安全に遊べるようサークルで囲ったスペースもあり、いろいろな楽しみ方ができそう。

    「北海道立オホーツク流氷公園」
    所在地:紋別市元紋別101番地
    営業時間:9:00~17:00(※新型コロナウイルス対応のため、今後変更の可能性あり)
    定休日:火曜(祝日の場合は翌水曜)、年末年始
    利用料金:無料
    駐車場:あり(無料/235台)
    授乳スペース:あり
    おむつ交換台:あり
    電話番号:0158-27-4560

    公式サイトで見る
    公式サイトで見る


    気になる遊び場は見つかりましたか? 木製遊具の充実した施設が多く、林業の盛んな地域性を繁栄した遊び場が特徴的ですよね。冬は流氷の接岸も見られるかもしれないエリア。冬にしか体験できないことと併せて、屋内遊びも楽しんでください。

    ※2021年12月17日時点での情報です。
    ※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設の営業時間、内容の変更や休業になっている場合があります。お出かけ前に最新の公式情報をご確認ください。

    【関連記事】
    【帯広・十勝エリア】の屋内遊び場5選
    【空知エリア】の屋内遊び場5選
    【胆振・日高エリア】の屋内遊び場5選

    最新の記事

    【身近な遊び場】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。