• コロナ禍、絵本で優しい気持ちに 小樽のあべさんが新作出版

    あべみち子さんと絵本「もこちゃんのいちばんおいしいぱん」

    小樽市在住のイラストレーターで絵本作家のあべみち子さんが、新作の絵本「もこちゃんのいちばんおいしいぱん」を出版した。パンをテーマに柔らかい色合いにこだわったといい、あべさんは「新型コロナ禍だからこそ、読んで優しい気持ちになってほしい」と話している。

    あべさんは根室市出身。札幌などの中学校で美術教諭をしていたが、7年ほど前に退職し小樽に移った。札幌などで個展を開催するかたわら、当時の教え子に手渡したいと思い、クマのようなキャラクター「もこちゃん」が登場する絵本「きょうのおやつは」を2018年に出版した。

    今年10月31日に出版した今作は「もこちゃん」シリーズの2作目となる。「もこちゃん」が大好きな友達と一緒に食べようと、一番おいしいパンは何か悩むストーリーで、昨年1月から1年かけて絵を描いた後、文章を推敲(すいこう)して今年4月に完成させた。作中に登場するさまざまな種類のパンは、札幌や小樽のパン屋を回って参考にしたという。

    画材はアクリル絵の具と色鉛筆で「きれいでおいしそうな色を意識的に使った」と語る。自身もコロナ禍で友人に会えずつらい思いをしたといい、「こういうときだからこそ柔らかい気持ちになってほしい」と願う。中西出版刊。32ページで税込み1300円。札幌の書店などで扱っている。(宮本夕梨華)

    Latest

    【From 北海道新聞】 最新の記事

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。