• 2018/11/02

    ランドセル、画面で「着せ替え」 ニトリ 札幌のIT企業開発

     大型モニターに映し出された自分の背中にランドセルのイラストが重なり、実際に背負った気分で手軽に品定めできる新サービスが、東京・北区の「ニトリ赤羽店」で始まり、家族連れなどに人気を呼んでいる。IT企業のインフィニットループ(札幌)が開発を手掛けたもので、ニトリホールディングス(HD、札幌)は今後、全国各店への導入を検討する。

     モニターに映る現実の映像にイラストなどを重ねる拡張現実(AR)の技術を使い、10月下旬に導入した。ニトリHDは幼児や保護者らが楽しくランドセルを選べるよう、ゲーム開発などで実績のあるインフィニットループにシステムの開発を依頼した。

    【残り:198文字/全文:477文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む

    <北海道新聞を購読されている方>
    会員登録(追加料金不要)すると、会員限定のサービスを利用できます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、会員限定記事を月10本まで読めます。