• 2018/09/10

    家庭での節電ポイントは 夜の過ごし方 工夫を 午後7~9時消費ピーク 家族同じ部屋に集まって

     胆振東部地震の影響で、平常より2割の節電が求められ、各家庭でも照明、テレビなど電化製品の節電にきめ細かな配慮が欠かせない。家族が夜に、それぞれの居室ではなく一緒の部屋で過ごすなどライフスタイルの見直しも急務になりそうだ。専門家のアドバイスを交え、節電のポイントを紹介する。

     経済産業省が今回要請しているのは、節電コア時間帯(平日午前8時半~午後8時半)で平常より2割の削減。


    記事の続きはこちらから
    「どうしん電子版」にログインしてチェック!!

    <北海道新聞購読者の方>
    こちらから会員登録(追加料金不要)
    するとログインできます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、電子版会員限定記事を月10本まで閲覧できます。