• 2018/07/18

    深川「ネコバス」お色直し 市民グループ、20周年を機に

     【深川】市内の音江山中腹の観光名所・戸外炉(ととろ)峠にある廃車の「ネコバス」が20周年を迎えた。管理する市民グループ「戸外炉」(斉藤英樹代表)が14日にお色直しを行い、はげ落ちたり、さびたりした外装をペンキで塗り直した。

     以前は農家が休憩所に使っており、同グループが1998年、アニメ映画「となりのトトロ」にあやかり、黄と茶のしま模様のネコの絵を車体に描いたのが始まり。その後、2年に1度塗り直しを行い、維持してきた。

    【残り:131文字/全文:342文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む

    <北海道新聞を購読されている方>
    会員登録(追加料金不要)すると、会員限定のサービスを利用できます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、会員限定記事を月10本まで読めます。