Special
  • 読み聞かせ 子供が挑戦 中標津町図書館 読書週間で催し

    紙芝居の読み聞かせをする山下将太郎ちゃん

    【中標津】町図書館は「こどもの読書週間」の関連イベントを展開中で、皮切りとなる4月24日、子供が読み手の「みんなのおはなし会」を開いた。

    事前に読み手を募集し、中標津第2ひかり幼稚園に通う山下将太郎ちゃん(5)、丸山小1年の大橋こころさん(6)、山口野々花さん(6)が読み聞かせをした。将太郎ちゃんは、果物やお菓子を紹介する紙芝居「たべたいなたべたいな」にチャレンジ。元気に読み上げて拍手を受けた。

    [広告]

    同図書館では5月12日までの読書週間に合わせ、「はしれ はるのゆきうさぎ」(手島圭三郎著)など、緑や動物にちなむ60冊の特別展示「森のなかまといっしょによもう」コーナーを開設。お薦めの3冊を貸し出す「春のえほん福袋」も行っている。

    5月16日まで。問い合わせは同図書館カウンター(電)0153-73-1121へ。(川原田浩康)