Special
  • ミニ新幹線「速かった」 三笠鉄道村2年ぶりイベント SL乗車体験、縁日も

    「ミニ新幹線」乗車を楽しむ来場者

    【三笠】三笠鉄道村(幌内町2)で3日、2年ぶりとなるゴールデンウイークイベントが始まった。新型コロナウイルスの感染対策で例年より規模を縮小したが、多くの家族連れが蒸気機関車(SL)の乗車体験や縁日コーナーなどを楽しんだ。

    昨年は緊急事態宣言の発出に伴って休館。今年は大道芸やどん菓子の製作実演、鉄道村のヒーロー「ぽっぽレンジャー」ショーなど、密になる恐れがあるイベントを取りやめた。

    一方でミニゲームを楽しめる縁日が並び、SLの迫力ある汽笛と黒煙に子供たちは興味津々の様子。「ミニ新幹線」に乗った江別市の佐々木大晴くん(5)は「速かったけど楽しかった」と満喫していた。