• 2018/07/06

    大型遊具豪華な6層構造 秩父別の屋外遊戯場お披露目 7日本格オープン

     【秩父別】5日、町民向けにプレオープンした屋外遊戯場「キュービックコネクション」は、既存の屋内遊戯場「キッズスクエアちっくる」の隣に設けられ、子供たちは双方を行き来して遊ぶことができるようになった。町は二つの遊戯場を含め、子育て支援を充実させ、定住人口を確保し、交流人口を増やす考えだ。

     キュービックコネクションは町中心部の公園「ベルパークちっぷべつ」内に設けた。高さ13メートル、幅58メートルの大型遊具を核とし、周囲にブランコや健康遊具を配置。幼児から高齢者まで3世代で利用できるように工夫した。

     大型遊具は6層構造で、下から2層まではベビーカーで上がれるほか、ロッククライミングやハンモックなど約20種類の遊具を組み込んだ。最上層には町のキャッチフレーズ「鐘のなるまち」に合わせて鐘を設置した。

    【残り:180文字/全文:531文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む

    <北海道新聞を購読されている方>
    会員登録(追加料金不要)すると、会員限定のサービスを利用できます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、会員限定記事を月10本まで読めます。