Special
  • 変わる年末年始営業 コープ、ツルハ/元日休業 福原、ラッキー/3日から

    新型コロナウイルス禍を受け、道内の商業施設が相次ぎ年末年始の営業を見直している。コープさっぽろ(札幌)とドラッグストア大手ツルハ(同)は道内全店で来年の元日を休業し、札幌駅に直結するJRタワーの4施設は、正月の混雑回避のため冬のバーゲン開始を1月4日に遅らせる。各百貨店は例年通り2日から初売りを始める予定。

    道内スーパーでは北雄ラッキー(同)とアークスグループの福原(帯広)が、元日のみだった正月の全店休業を2日まで延長する。同グループのラルズ(札幌)は例年通り元日が休業、2日が時短営業だが、3日も時短を続け、通常営業再開を4日に遅らせる。

    ツルハとコープは年末年始も休まず営業する店がほとんどだったが、コロナ禍への対応に加えて、「元日くらいは従業員にゆっくり過ごしてほしい」(ツルハ)と休業を決めた。

    [広告]