Special
  • 冬の函館本番 ツリー登場 クリスマスファンタジー1日開幕

    金森赤レンガ倉庫群前に海上輸送されたクリスマスファンタジーの巨大ツリー=27日午前9時20分(桶谷駿矢撮影)

    函館の冬を彩るイベントが間もなく本番を迎える。12月1日に開幕する冬の一大イベント「2020はこだてクリスマスファンタジー」では11月27日朝、巨大ツリーが金森赤レンガ倉庫群前(函館市末広町)に設置された。その他、1日から、はこだてグリーンプラザ(同市松風町)で「光のトンネル」が初めて設けられるなど、各地のイルミネーションも続々と始まる。

    高さ約20メートルの巨大ツリーは台船で海上輸送され、金森倉庫群前の岸壁に固定された。今年は昨年に続き、道産トドマツを使用した。

    新型コロナウイルス感染拡大のため、スープバーやステージイベントは中止とする一方で、ツリーの点灯や花火は例年通り行う。