Special
  • 2020/10/18

    サケとば 完成楽しみ 留萌で親子が挑戦

    【留萌】旬の秋サケを使ったとば作りに挑戦する「寺子屋るもいっこ~めざせ!るもいの秋マスター~」(市主催)が17日、市風土工房こさえーるで開かれた。さばいたサケを具材に、留萌産の新米で作ったおにぎりも食べ、参加した親子9組が秋の味覚を満喫した。

    [広告]

    サケとば作りは市内の漁師米倉靖夫さんが指導した。「身を浮かせて包丁を入れると骨をキレイに剥がせる」と話し、魚さばき用のマキリ包丁を使った三枚おろしの手順を紹介した。

    「どうしん電子版」で続きを読む


    トップ写真説明/秋サケの三枚おろしに挑戦する親子