Special
  • 2020/10/15

    「看板ポニー」人気 和寒のカフェで飼育

    【和寒】町内福原の「山のカフェ KAKURE―覚礼(かくれ)―」で飼われている馬が「看板ポニー」として人気を集めている。名前は「雷電(らいでん)」。茶色い毛並みに白っぽいたてがみで「ライくん」と呼ばれると、長いまつげのくりくりした黒い目で愛らしく見つめてくる。

    [広告]

    ポニーとミニチュアホースの雑種で、体高85センチの雄。今年2歳になる。店長の牧和恵さん(63)が5月に購入。家に来た日に雷が鳴っていたことから、家族が「雷電」と名付けた。

    「どうしん電子版」で続きを読む


    トップ写真説明/来店客になでられる看板ポニーの雷電くん