Special
  • 2020/09/26

    白老ホッキ100キロ無償提供 いぶり中央漁協「食育に」

    【白老】いぶり中央漁協(本所・登別)は25日、町内の学校給食の食材用として町内でとれたホッキ貝約100キロを町に無償提供した。

    [広告]

    同組合が子どもたちの食育や地産地消の取り組みに役立ててほしいと町に申し出た。これまでにも数回提供はあったが、無償で提供するのは初めて。

    「どうしん電子版」で続きを読む


    トップ写真説明/中村政信副組合長(右)からホッキ貝の提供を受ける安藤尚志教育長