Special
  • 2020/09/25

    ピンク鮮やか、ビーツ入りシェイク 新函館農協の「あぐりへい屋」で販売

    【北斗】新函館農協は、地場産のビーツを混ぜたミルクシェイク「レッドビーツシェイク」を、同農協の直売所「あぐりへい屋」(市東前)で販売している。鮮やかなピンク色が目を引くため、インターネットでの「インスタ映え」も狙えそうだ。

    [広告]

    ビーツはボルシチなどに使われる西洋野菜。赤くて栄養豊富なため「食べる輸血」とも呼ばれる。

    「どうしん電子版」で続きを読む


    トップ写真説明/ビーツペーストを混ぜる前のシェイク(左)と混ぜた後のピンク色のシェイク