Special
  • 2020/09/24

    コープさっぽろとサツドラ、24日から「合同セール」 仕入れ価格統一で約1割安く

    コープさっぽろ(札幌)とサツドラホールディングス(HD、同)は24日から4日間、昨年12月の業務提携後に仕入れコストを圧縮できた食品・日用品を両店舗で1割前後安く販売する「合同セール」を実施する。提携に伴う具体策の第1弾で、カップ麺や茶飲料、洗剤など17品目を値下げする。また年内に、綿棒などサツドラのプライベートブランド(PB=自主企画)の一部をコープ店舗で発売する計画。

    [広告]

    道内のコープ107店舗、サツドラの約200店舗の大半が対象。仕入れ先と交渉し、両社で異なっていた仕入れ価格を統一するなどして値下げが可能になったと言い、合同セールは本年度内にあと2回実施する予定。売れ行き次第で品目を増やす可能性がある。

    「どうしん電子版」で続きを読む