Special
  • 2020/09/17

    ツリーの電飾、CFで 広尾・サンタランド 目標額100万円

    【広尾】町は、大丸山森林公園のサンタランドに新たに設置するクリスマスツリーのイルミネーションを整備する目的で、インターネットで寄付を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。ふるさと納税の仕組みを活用し、目標額は100万円。10月23日まで受け付ける。

    町は1984年、サンタクロースの出身地とされるノルウェーのオスロ市から国内唯一のサンタランドに認定された。公園内の樹木や道路脇に15万個の電飾を使ったイルミネーションが毎年10月に点灯し、クリスマスムードを盛り上げている。

    【残り:309文字 / 全文:549文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む


    トップ写真説明/2019年のサンタランドのイルミネーション。広尾町はメインツリーの電飾整備への寄付を呼びかけている