Special
  • 2020/09/16

    盗難被害の園児に元気を 「イモ掘り体験を」「お菓子食べて」善意続々 弟子屈

    【弟子屈】町立川湯保育園で園児たちが育てていたジャガイモなどが盗まれた事件を受け、善意の輪が広がっている。農業者はジャガイモ収穫体験の提供を、町内の老舗製菓会社は園児たちにお菓子のプレゼントを町に申し出た。

    盗難は8日に判明。園児たちが園内の畑で育ててきたジャガイモ約50株とニンジン約50本がなくなっているのを保育士が見つけ、町役場を通じて弟子屈署に届け出た。野菜は収穫間近でカレーライスにして味わう予定だった。

    【残り:380文字 / 全文:588文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む


    トップ写真説明/園児に贈るクッキーを徳永町長と勝山園長に手渡す長谷副社長(中央)。ジャガイモ畑の開放を申し出た猪狩会長(右から2人目)と摩周湖農協の川口覚組合長(右端)