Special
  • 2020/09/14

    英語動画 河合卓選手も出演 クレインズFW 道教委が小中生向け教材 釧路の夕焼けや将来の夢語る

    北海道教育委員会(道教委)は道内の小中学生に向け、道内のスポーツチームに所属する選手が出演する英語教材用の映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。アイスホッケーアジアリーグのひがし北海道クレインズからはFW河合卓真選手(32)も協力し、釧路の魅力などを英語で紹介している。

    事業名は「イングリッシュ・キャッチ・プログラム」。本年度から小学校で英語が教科化されたことを受け、映像を授業や家庭で補助教材として活用してもらおうと道教委が企画した。プロ野球北海道日本ハムやサッカーの北海道コンサドーレ札幌、2018年平昌冬季五輪で銅メダルを獲得した女子カーリングのロコ・ソラーレなど9チームが参加している。

    【残り:318文字 / 全文:614文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む


    トップ写真説明/道内の小中学生に向け、釧路の魅力などについて英語で紹介するクレインズの河合卓真選手