Special
  • 2020/08/11

    コロナ収束願い花火 旭山動物園 16日まで夜間開園

    昼間より活発に動き回る動物を観察できる旭川市旭山動物園の「夜の動物園」が10日、始まった。初日はサプライズで花火225発が夜空を彩り、来園者は一夏の思い出を心に刻んだ。

    同園は16日までの間、午後5時15分までの開園時間を同9時まで延長する(入園は同8時まで)。日中寝ていることが多いレッサーパンダは、展示場のつり橋を勢いよく駆け抜け、もうじゅう館ではユキヒョウの親子が追いかけっこをしており、待ち構えた来園者もカメラで追うのが大変そうだった。新型コロナウイルスの感染防止のため、恒例の飼育員のガイドを中止し、代わりに動画投稿サイト「ユーチューブ」の旭山動物園公式チャンネルから、毎日午後7時と同8時の2回、動物の生態を解説する生中継配信をする。

    花火は同園と北海道新聞旭川支社の主催。コロナの収束が見通せない中、市民の健康と幸せを願い、午後8時半から5分間「動物園通り産業団地」で打ち上げられた。さる山では驚いたニホンザルが跳ねたり、鳴いたりし、旭医大4年の水谷有里(ゆり)さんは「感染予防で千葉県の実家に帰省しないが、旭川できれいな花火を見て夏を満喫できた」とうれしそうだった。(若林彩)


    トップ写真説明/市民の健康と幸せを願い、打ち上げられた色鮮やかな花火(宮永春希撮影)