• 2020/07/02

    道南産イチゴのスイーツ 粒ぞろい

     道南の菓子店やカフェで、地元のイチゴを使ったスイーツが人気を集めている。このうち、北斗市と七飯町の3店から、ソフトクリーム、パフェ、クレープの3種を紹介する。

    ソフトクリーム、甘さと酸味絶妙 北斗

     洋菓子店「ジョリ・クレール」(北斗市中央2、☎︎0138-73-0370)ではピンク色の「はこだて恋いちごソフト」(恋いちご、ミックス各350円)が子どもから高齢者にまで幅広く人気を集める。同社の佐々木善史常務(43)によると「土日だと多い日は70本以上出る時も。昨年のお盆は100本出たこともあります」。

     ソフトクリームの機械導入に合わせ、昨年4月から販売を開始した。函館市恵山地区から直接仕入れている「はこだて恋いちご」は糖度が高く、ピューレにして使用している。「ソフトクリームにすると甘さと酸味のバランスがいい。イチゴのつぶつぶ感も楽しめます」とPRする。

    【残り:818文字 / 全文:1200文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む


    トップ写真説明/「はこだて恋いちごソフト」の恋いちご(左)と「ミックス」のイチゴ乗せ