• 2020/07/02

    レジ袋有料化、手探りで開始 会計時声掛け サイズ別に見本

     プラスチック製レジ袋の有料化を義務付ける制度が1日、全国の小売店で始まった。深刻な海洋汚染を引き起こすプラスチックごみの削減が目的で、道内のコンビニやドラッグストアでも有料化を周知するポスターを店内に掲示した。会計時に店員が客一人一人に説明するなど対応に追われた。

     「有料ですが、ご利用ですか」。札幌市中央区のセブン―イレブンさっぽろ創世スクエア店では、会計に来た客に店員が声をかけ、レジ袋が必要かどうかを確認した。弁当などを買った客がレジ袋を求める一方、ペットボトル飲料を購入後、手に持って店を出る客の姿も目立った。

    【残り:510文字 / 全文:770文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む


    トップ写真説明/レジ袋の有料化が始まり、道内のコンビニではレジ袋の価格や容量の目安を記した見本を店内に掲げて周知した=セブン―イレブンさっぽろ創世スクエア店(金田翔撮影)