• 2020/05/24

    釧路市 25日から126施設再開 動物園や「MOO」など

     釧路市は23日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を防災庁舎で開き、休館中の大半の公共施設の25日からの再開を決めた。道が22日に石狩管内以外の施設の休業要請を大幅に解除したことに伴う措置。

     動物園や釧路フィッシャーマンズワーフMOO、市民交流プラザさいわい、湿原の風アリーナ釧路といった文化・スポーツ施設のほか、一部を除く地域の会館、老人福祉センターなど126施設を再開。換気や消毒などの感染予防対策を行い、利用人数などに制限を設ける。

     中央図書館やこども遊学館、美術館、博物館など月曜定休の32施設は26日以降に開館。道立釧路芸術館も26日に再開する。公園内のバーベキュー施設は引き続き利用を休止する。

     蝦名大也市長は「施設が再開できる状況となったことにはほっとしたが、ウイルスがなくなった訳ではない。感染防止対策に引き続き取り組む」と述べた。市立小中高校は31日まで休校し、分散登校する。6月1日に再開する。(相川康暁)