• 2020/03/28

    札幌市19施設順次全面再開 1日から 円山動物園などは「一部再開」 

     札幌市は27日の感染症対策本部会議で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため臨時休館している市有施設97カ所について、「全面開館」「一部再開」「休館延長」の三つに分類した上で、感染リスクを下げることができる19施設を4月1日から順次全面開館することを決めた。いずれも定期的に換気や施設内の消毒を行う。これらの対策が難しい施設は当面は一部再開か休館延長とした。

     市は、各施設ごとに《1》閉鎖的な空間かどうか《2》人が密集する《3》近距離での会話が行われる―などから感染拡大のリスクを判断した。この結果、星置スケート場(手稲区)など19カ所を4月1日から順次全面開館とした。座席の距離の確保や職員のマスク着用、定期的な換気、利用者が触れるドアノブや手すりの消毒などを徹底する。

     4月1日から一部再開するのは円山動物園(中央区)や各区図書館など50カ所。円山動物園は自然換気が難しいカンガルー館や熱帯雨林館、カバ・ライオン館は閉館を継続する。各区図書館はインターネットによる貸し出しサービスのみ再開する。

     休館を続けるのは28カ所。健康器具など不特定多数と接触する機会が多い健康づくりセンターや、感染すると重症化するリスクが高い高齢者が集う各区の老人福祉センターなどが主体だ。

     このほか乳幼児健診、BCG接種、がん検診、妊産婦歯科健診は4月1日から再開する。

     秋元克広市長は会議で、「感染拡大の兆しがみられた場合は、再度施設の休館を考えなければならない」と述べた。

     一方、市は会議で、これまで市内で確認した新型コロナウイルスの感染者数は27日現在で計76人で、このうち50人が同居家族や同僚らと濃厚接触していたことを明らかにした。これまでに48人の陰性が確認され、2人が死亡した。残りの患者数は26人で、軽症と中等症が20人、重症が6人。(中村征太郎)