• 2020/03/26

    オケクラフトでもりもり食べて 置戸町「すくすくギフト」 食器を赤ちゃんに贈る

     【置戸】町特産の木工芸品オケクラフトの食器類を、町内の赤ちゃんにプレゼントする「すくすくギフト」の贈呈式が24日行われた。

     贈呈は2013年にスタートした。ギフトは職人5人がエゾマツやサクラで製作した皿やカップ、スプーンなど7種類で構成する。

     新型コロナウイルス感染対策で、本年度5回目の今回は受け渡し場所を施設から対象者宅に変更。オケクラフトセンター森林工芸館の岡部信一館長(46)が、昨年12月25日に生まれた小山田聖七(せな)ちゃんに贈った。

     置戸小1年の兄・迅君(7)が受け取り、母・真代さん(37)は「オケクラフトを集めていたので、贈呈を楽しみにしていた」と笑顔を見せた。(山田健裕)