• 2020/02/24

    「風邪の症状あったら学校休んで」 道知事が保護者にメッセージ 朝晩の体温測定も要請

     3連休明けの25日から学校が再開するのを前に、鈴木直道知事は24日、全道の保護者に対し、子どもに風邪の症状がある場合は学校を休ませるよう求めるメッセージを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を予防する狙い。子どもの体温を毎日、測定することも要請した。

     メッセージは、佐藤嘉大道教育長との連名。「子どもたちを感染症のリスクから守るため」として、毎日朝晩、体温を測り、発熱などの症状があれば学校を休ませ、経過観察するよう求めた。新型コロナウイルスに感染した疑いや、感染者との濃厚接触を理由に休む場合は、欠席日数に数えない「出席停止」扱いとする方向だ。

     佐藤教育長は24日記者会見し「発熱などの症状があったら、子どもが学校に行きたがっても休ませてほしい。出席停止で定期テストを受けられなくても不利益にならないようにする」と述べた。(水野富仁)

    新型コロナウイルスまとめ記事