• 2020/01/29

    業務スーパー、100円ショップ開業 小樽・いなきたビルに2、3月 空きテナント解消にめど

     小樽市稲穂5の複合施設「いなきたビル」に、低価格スーパー「業務スーパー」が2月27日、100円ショップ「Seria(セリア)」が3月16日にそれぞれオープンすることが28日、分かった。同ビルでは昨年1月末、マックスバリュ北海道(札幌)が運営するフードセンター小樽店が閉店。以来、核店舗がなく、今回の新規出店で空きテナント解消にようやくめどがついた。

     いなきたビル管理組合によると、地下1階に業務スーパー約960平方メートル、セリア約700平方メートルのそれぞれ小樽店を開業する。

     業務スーパーは神戸物産(兵庫県稲美町)がフランチャイズ(FC)方式で展開し、小樽店は道内で8店舗を持つG―7スーパーマート(神戸)が運営。セリアは直営店として同社(岐阜県大垣市)が運営する。

     いなきたビルは市内稲北地区の再開発事業として1997年12月に着工、99年に完成した。中核テナントにはフードセンターやツルハドラッグが入り、一時は鮮魚店や青果店など計約10店舗が入店したが、人口減や他スーパーなどとの競争激化でテナントの離脱が相次ぎ、現在はCDレンタル店と保険代理店、美容室の3店のみとなっていた。

     同管理組合の熊谷成秀事務局長は「1年ほどかけてやっと(後継テナントが)見つかった。業務スーパーは後志管内初の店舗。小樽だけでなく管内全体からの集客を目指し、ビルの活性化を図りたい」と話している。

     業務スーパーは全国851店、道内17店、セリアは全国1657店、道内に62店を展開している。(徳留弥生)