• 2020/01/16

    子ども食堂、日ハムが支援 各地後援会と協力 北海学園大生・田中さん発案

     プロ野球北海道日本ハムは15日、子どもたちに食事や居場所を提供する道内の「子ども食堂」への支援を始めた。社会貢献事業の一環で「ここみーとプロジェクト」と銘打ち、球団とファイターズ後援会が共同で子どもと一緒に食事するほか、必要に応じて食材を提供するなど下支えする。後志管内岩内町内の子ども食堂を皮切りに全道に広めていく計画だ。

     球団のインターンシップ生として昨年8月から活動する北海学園大1年の田中詩帆さん(19)が発案。道内には100を超える子ども食堂があるとされるが、スタッフ確保や食材調達など課題は多い。そこで、道内136市町村に点在するファイターズ後援会に協力を呼び掛けることにした。

    【残り:321文字 / 全文:617文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む