• 2018/04/24

    カピバラに癒やされて 石狩「番屋の湯」で展示スタート

     【石狩】石狩市の天然温泉施設「番屋の湯」は24日から、世界最大のネズミの仲間カピバラの展示を始める。担当者は「テーマは癒やし。温泉やランチバイキングに加え、施設へ来る楽しみを増やしたい」。

     体長約70センチのカピバラは雄雌1頭ずつで、展示時間は午前11時~午後8時。2頭の名前も募集しており、5月10日までに施設のホームページから申し込めば、採用者に宿泊券がプレゼントされる。

     展示スペースは庭園だった中庭に設けた。2頭のお気に入りは源泉100%の専用温泉だ。茶褐色の湯に身をゆだね、うっとり気持ち良さそう。お客さんより先に、自分たちが癒やされてる?


    記事の続きは「どうしん電子版」にログインしてチェック!

    <北海道新聞購読者の方>
    こちらから会員登録(追加料金不要)
    するとログインできます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、電子版会員限定記事を月10本まで閲覧できます。