• 2019/11/26

    道内最大級ホビー・クラフトコーナー ホーマック発寒追分通 29日に新設

     ホームセンター大手DCMホーマック(札幌)は29日、札幌市西区の発寒追分通店に、アクセサリーパーツや工具など1万点以上が並ぶ道内最大級のホビー・クラフトコーナーを新設する。ハンドメイド雑貨を作るための素材やプラモデル製作に使う工具などを専門店並みにそろえ、新規顧客獲得を狙う。

     売り場面積は約500平方メートルで、一部商品は22日から販売を開始。メタルビーズやチェーン、金具などハンドメイド関連用品だけで約7千種類に上る。プラモデルや製作用の工具や接着剤なども並べ、幅広い客層をカバーする。売り場にはテーブルを3台設け、プラモデル製作などの作業スペースとして開放し、工具の貸し出しも行う。

     同社店舗でアクセサリーパーツを置くのは初めて。同社管理部はコーナー新設について「顧客の要望が多かったほか、札幌でハンドメイド雑貨の売買を行うイベントが開かれるなど、市場が拡大しているため」と説明する。

     今後ほかの大型店でも同コーナー設置を検討する。新規顧客の開拓に向け、店内でキーホルダー作りなどのワークショップも開く予定だ。(岩内江平)