• 2019/11/02

    洞爺湖温泉 光のトンネル 点灯式で子どもら歓声

     【洞爺湖】約40万個の発光ダイオード(LED)や電球で彩られたイルミネーショントンネルの点灯式が1日、洞爺湖温泉の「にぎわい広場」で行われ、地元住民や観光客が鮮やかな光のトンネルをくぐり抜けた。

     洞爺湖温泉観光協会が冬場の観光を活性化させようと洞爺湖サミット前の2007年から実施。高さ3.5メートル、幅4.2メートルのS字状のトンネルが約70メートル続く。点灯式では地元のサッカー少年団「TOYA・FC」の子どもたちがスイッチを押した。青や緑、ピンクの光が一斉にともると、歓声が上がり、子どもたちが大はしゃぎで駆けだした。

     イルミネーショントンネルは来年3月1日まで、午後6時~10時に点灯する。(和田年正)