Special
  • 2019/10/06

    四輪車びゅーん 子どもら大喜び あそびの広場

     未就学児が幅広い遊びを体験できる「ちびっこあそびの広場」が5日、函館市大森町のサン・リフレ函館で開かれ、大勢の親子連れでにぎわった。子どもたちは手作りのサーキットを四輪車で駆け抜けるなど、のびのびと遊んでいた。

     市内13カ所の子育てサロンでつくる市地域子育て支援センターが主催。同世代の親子が集い、交流を深めてもらおうと毎年開催しており、24回目を迎えた。

     今年のテーマは「日本昔ばなし」。浦島太郎の竜宮城をイメージし、水に見立てた青や白のナイロンテープを敷き詰めたプールを用意。子どもたちはテープを高く舞い上げたり、寝転んだりしてはしゃいでいた。

     このほか米俵の積み上げコーナーや、竹取物語にちなんだ顔はめパネル前では、多くの保護者が子どもの様子を写真に収めていた。

     市内亀田町の保育士石井有希さん(39)は、千嵩(せんしゅう)ちゃん(6)と和緒(わお)ちゃん(3)と訪れ「手作りの遊具で思い切り遊ぶことができ、子どもたちも大喜び。毎年楽しみにしています」と笑顔で話した。(菊池真理子)