Special
  • 2019/10/05

    子育て環境充実求める 母親5人が士別市長と懇談

    【士別】市内の行政課題や要望について市民が牧野勇司市長に直接伝える「市長とのふれあいトーク」が、市生涯学習情報センター内のつどいの広場「きら」で開かれた。乳幼児を育てる母親5人が参加し、子育て環境の充実を求めた。

    牧野市長は公約に「子育て日本一のまち」を掲げており、昨年に続いて子育てに関して意見を聞いた。

    9月24日に開催されたふれあいトークでは、5歳と生後2カ月の2人を育てている女性が「未就学児が走り回って遊べる屋内施設がない。いきいき健康センターの空いている部屋を使わせてほしい」と要望。1歳の三つ子を含む4人を育てる女性は「三つ子を育てるのは大変なのに、専業主婦なので10月以降も保育無償化の対象にならないのはつらい」と市に独自支援策の実施を求めた。

    牧野市長は「具体的な意見をたくさんいただいた。何ができるかを担当部署で検討していく」と応じた。(阿部浩二)


    トップ写真説明/子育て環境について意見を交わした「ふれあいトーク」