• 2019/10/10

    自販機で子育て応援 おむつやミルク 道南初、乙部の道の駅

     【乙部】おむつや液体ミルクを扱う「子育て応援自動販売機」が9日、町内元和の道の駅「ルート229元和台」に道南で初めて設置された。道内での同様の自販機の設置は、5月に開業した宗谷管内浜頓別町の道の駅「北オホーツクはまとんべつ」に次いで2例目となる。

     町と開発局、北海道コカ・コーラボトリングが共同で設置。ベビーコーナーの設置やおむつのばら売りなど、開発局が道内の道の駅で進める子育て支援の一環で、同社が自動販売機を無償提供した。

     同自販機は24時間利用でき、おむつ5枚入りを200円、240ミリリットル入りの液体ミルクを250円、お尻ふきを200円でそれぞれ販売する。液体ミルクはそのまま哺乳瓶に移すだけで授乳できるもので、おむつはS、M、Lの各サイズを用意した。自販機の運用費は、道の駅に設置しているカップ式自販機の売り上げの一部を充てる。

    【残り:117文字/全文:488文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む