• 2019/08/15

    コインランドリー進化 カフェ併設、スマホで空き確認… 目立つ女性客 道内店舗3割増

     学生や単身赴任者が利用するイメージが強かったコインランドリーが様変わりしている。共働き家庭の増加などで女性客の利用も目立ち、道内の店舗数は5年間で3割増えた。カフェを設けたり靴専用の洗濯機を置いたりと、差別化を図る動きも出てきた。

     「他の施設よりおしゃれで雰囲気がいい」。5月に札幌市中央区にオープンした「Baluko Laundry Place南円山」について、布団の洗濯で訪れた主婦横田こずえさん(64)はこう話した。

     道内初進出の同店は1階にランドリーとカフェ、2~5階にトランクルームを併設。公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」も備える。

    【残り:592文字/全文:869文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む