• 2019/08/09

    児童虐待10年で最多 室蘭児相、18年度597件 「心理的」7割、面前DV大半

     胆振・日高管内を管轄する室蘭児童相談所は8日、2018年度の児童虐待件数(速報値)を発表した。虐待と認定した件数は、前年度比155件増の597件に上り、過去10年で最多となった。心理的虐待が約7割を占め、全国平均の55.3%を大きく上回った。

     認定された虐待の内訳は、心理的虐待が前年度比95件増の419件で、全体の70.2%。同相談所によると、配偶者が子どもの前で暴力を振るいストレスを与える「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」がほとんどという。

     直接暴力を振るう身体的虐待は、同23件増の80件。ごみだらけの部屋に子どもを住まわせたり、夜間に家に置き去りにしたりするネグレクトは同38件増の95件、性的虐待は同1件減の3件だった。

    【残り:286文字/全文:607文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む