• 2019/08/06

    <慎重に、幼稚園選び> 札幌のママトーク vol.36

     この時期になると、幼稚園探しに一苦労したことを思い出します。私の場合は子どもが3歳になるまでは保育所に預けて仕事をしていましたが、4歳からは教育要素が含まれる幼稚園に通園させたいと考えていました。インターネットやママ友の口コミなどから三つの園に絞り、娘と一緒に見学に行きました。全日給食だった園が魅力に映り見学前からそこに決めていたのですが、結果的には見学して数分で娘が自然になじんだ別の園に入園することになりました。

     保育園は共働き世帯、幼稚園は働いていないママ、とイメージされがちですが、10年以上前から幼稚園でも延長保育が設けられ、私のようにフルタイムで働いているママもクラスの半数程度を占めていました。今では幼稚園と保育園の両方の機能を併せ持つ「認定こども園」も存在し、選択肢は広がりつつあります。

     幼稚園選びで気になるのは教育方針。各家庭の考えと合うかどうかは、とても重要です。それを知ることができるのは、各園のホームページや体験会などです。通園バスの停留所が家の近隣にあるかどうか、お弁当と給食の割合、園への保護者の関わり方についても事前に調べておくと良いでしょうか。入園してから園の方針と家庭との考えにミスマッチが起きてしまい、悩んでしまう人も少なくありません。転園も可能ではあるのですが、お友達との別れや環境の変化は子どもにとっても親にとっても大きな負担となります。そうならないためにも、幼稚園選びは慎重に行うことをお勧めします。

    (マミープロ代表取締役 阿部夕子)


    ◎ 札幌のママトークとは ◎
    札幌市内で発行しているどうしん生活情報版「さっぽろ10区(トーク)」で、月に1回連載中のママナビ 阿部夕子さんのコラム。
    ご自身の経験や経営者としての視点から、ママ達に子育てや復職に関するアドバイスやメッセージを発信中です。