• 2019/07/11

    保育士座談会 増える企業の保育所参入 現場への理解不足も 死角多い保育室にヒヤリ 詳細な報告書に職員萎縮

     待機児童解消の切り札として3年前にスタートした認可外の「企業主導型保育所」を中心に、保育事業に参入する企業が道内でも増えています。しかし、中には経営者側の保育現場への理解が不足しているケースもあるようです。道内在住のベテラン保育士で、従来の企業が経営する認可保育所に勤務経験のあるAさんとBさん、企業主導型保育所を短期間で退職した経験のあるCさんとDさんの4人に、座談会形式で実情を聞きました。

     ――企業側の理解不足を感じた体験はありますか。

     Cさん 私が勤めた企業主導型は、安全性への意識が欠けていました。例えば、本来あってはならない「死角」が多い。保育室は子どもが遊び、食事や昼寝をしながら1日を過ごす場所です。誰がどこで何をしているか、保育士がひと目で全体を把握する必要があるのに、壁や遊具に遮られて見えない場所がいくつもある。「いつ事故が起きてもおかしくない」と気持ちが落ち着かなかった。

     Dさん 保育室が、事務室のすぐ隣にある企業主導型もありましたよ。昼寝の時間に事務室で電話が鳴ったり、人が出入りすると敏感な子は何度も目覚める。「よく知らない人が設計したんだな」と思いました。

    【残り:1,368文字/全文:1,863文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む

    <北海道新聞を購読されている方>
    会員登録(追加料金不要)すると、会員限定のサービスを利用できます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、会員限定記事を月10本まで読めます。